漢方薬局いけだや

季節と身体

人の身体は季節の影響を強くうけます。
季節ごとによく見られる症状を紹介します。





五行説でのキーワード:木
関係の深い五臓:肝
おすすめの食事:気を安定させる作用のあるナツメのお茶や、ハスの実、気のめぐりをよくするシナモンやシソ、ショウガなどのスープやお茶
おすすめの漢方薬の種類:身体に力をつけ、気のめぐりをよくする漢方薬

寒い冬から芽をふきだし、万物では活動を始めようとする時期。 陰から陽が増えていく時期です。 春のキーワードは五行説の中の木の性質。木は天に向かっていきいきと伸びようとする性質。漢方では木は肝と関係が深く、のびのびすることを好み、おさえつけられるとイライラしたりおちこんだり、気が落ち着かなくなりやすい性質です。


梅雨


五行説でのキーワード:
関係の深い五臓の種類:
おすすめの食事:皮膚の表面の熱気を外においだしてくれるシナモンやショウガや利尿作用があるはとむぎやあずきのお茶
おすすめの漢方薬:また、こもった湿気や熱をおいだしてくれる漢方薬

じとじとと雨の多い時期。人体にはうっとうしくても自然には必要な水分補給の時期です。 リウマチ・神経痛・痰湿の人など体の湿気がうまくながれない病気の人には外の湿気のために体の湿気がとじこめられて流れず、楽ではない時期です。またアトピーや皮膚炎をおこしやすい人には、とじこめられる湿気と夏に向かっての熱気が皮膚の炎症を起こしやすくなる時期です。



五行説でのキーワード:火
関係の深い五臓:心
おすすめの食事:スイカ・キュウリなどのウリ科のもので、熱を冷まし、水分を与えてくれるもの
おすすめの漢方薬の種類:暑さに負けない体力を補給し、からからに乾きやすい傾向を潤わせてくれる漢方薬

陽がどんどん増してくる季節です。夏は陽を養う時期。気持ちを開いて楽しく積極的に活動しましょう。夏の陽気の力が冬の陰の時期に対抗する力を養います。ただ体力的に暑さに負けそうな人、体内に熱を持ってだらだら汗をかいて疲れる人、暑さや水分の摂りすぎで胃腸の調子を崩しやすい人が多いです。



五行説でのキーワード:金
関係の深い五臓:肺
おすすめの食事:乾燥をうるおしてくれる、なしや大根
おすすめの漢方薬の種類:肺の力をつける補気の漢方薬

しのびよる冷えと乾燥 秋は陽が減って陰が増してくる時期。 自然界では、春から育てた力を集めた実がどんどんできる時期。秋は収める意味があります。秋のキーワードは五行説の中の金。五臓では、肺が関係深いです。 肺が丈夫でない人や、風邪ひきやすい人、空気の乾燥がつらい人、ぜんそくの人には気を付けたい時期です。



五行説でのキーワード:水
関係の深い五臓:腎
おすすめの食事:身体をあたためる食材や、腎の力をつけるゴマ、海藻類、貝類など
おすすめの漢方薬の種類:身体をあたためる漢方薬および腎の力をつける補腎の漢方薬

寒さがじんじんとなって陰が増す時期。 自然界では、万物は地中にかくれ、次の生命をじっくり育てている時期。 腎は身体の深い位置にあって、身体全体を守る役目。腎をとりまくエネルギーは腎気とも精ともいわれます。厳しいひえに対処して体の外からも内からも冷やさないよう注意が必要です。