お客様の体験例

当薬剤師が担当をいたしましたお客様の例です。

 

なかなか疲れがとれない50代の男性

なかなか仕事が忙しく、疲れの取りきれない生活をしておりましたが、漢方薬を飲むようになって、だいぶ疲れが違うことを実感、半年後の検診でいつもは肝臓の検査値が引っかかっていたのが、正常値になりびっくりして大変喜ばれました。

 

 

疲れがとれなく違和感を感じた40代の女性

いまいち疲れも取れないし体がおかしいと重い、受診した所通常2cmほどの卵巣がはれて4cmになっていた。お血(めぐりの悪い血)を取りながらむくみを取る漢方薬約2種類を飲むこととなった。10日後、病院の検査で4cmだった卵巣が2cmにもどっているという。漢方でお血をとり、利水がしっかり働いてくれた好例です。

 

 

心房細動と診断された70代の男性

ある時ゴルフの最中、胸が苦しくなる状態が続き、病院で心房細動を診断された。息苦しいのが治らず、訪れた。心臓にも肺にも良い漢方薬と、心臓後の汚れ、血流を良くしてくれる漢方薬を一緒に飲み始めた所、半月後にははっきり改善していることが自覚され、一ヶ月後にはさらに楽になった。しっかり半年服用になり、多少の運動も続けておられます。

 

 

10年不妊に悩まされたご夫婦

奥様はのぼせが強く、イライラも強い状態でした。血の汚れを取るため女性のホルモンバランスを取る薬、のぼせを鎮める薬を飲んで6ヶ月、高めの体温が徐々に下がり始めそれから懐妊を報告してくれました。嬉しい限りの瞬間です。動物薬は植物薬にくらべて男性、女性ともに不妊において力を発揮します。精子の運動量・質ともにはっきり好転してくれる傾向があり、奥さんの方にしっかり力を流し込んで不妊治療の精度があがるのです。

 

 

せきがなかなか治らない60代の男性

3年前から席に悩まされたようです。はじめの半年くらいは医者のせきどめが続いていましたが、それからはだんだん薬を使ってもなかなかなおらず、もともと喘息が続くと、60代後半で初めて咳が始まったとのこと。その特徴により、年齢を考慮した漢方薬を勧めた。とてもお体にあったようで次に日に咳が止まったと、後日伝えてくれました。

 

 

足がパンパンにむくみやすい40代の女性

お医者様でむくみに効く漢方薬を飲んでも帰ってよりむくむといった珍しいタイプの方。腎を助け、中国漢方ならではの動物薬を使ったお薬と症状に応たお薬で無事むくみを退散。大変喜ばれました。